CVS(CVSNT)のリポジトリ設定
開発メモ.COM
Java
Eclipse Eclipse
Eclipseプラグイン Eclipseプラグイン(Plugin)
Struts Struts
JUnit関連 テスト関連

データベース
MYSQL MYSQL
PostgreSQL PostgreSQL

サーバ環境関連
レンタルサーバ レンタルサーバ
Apache、PHP Apache
Tomcat Tomcat
JBOSS JBOSS
CVS CVS
 
CVSのインストール  インストール
CVSのリポジトリ設定  リポジトリ設定

その他
開発メモの利用において 本サイトご利用において
開発メモのサイトマップ サイトマップ
開発メモの問合せ 問い合わせ

TOP > CVS > リポジトリ設定

CVS(CVSNT)のリポジトリ設定

リポジトリとはCVSによって管理されるマスターコピーが置いてある保管ディレクトリです。
CVS(CVSNT)のリポジトリの設定方法を説明していきます。


CVS(CVSNT)リポジトリのディレクトリ作成

CVS(CVSNT)のリポジトリ保管用のディレクトリを作成します。
とりあえずここでは「C:\www\cvs\repository」に作成したと仮定して
「スタート」 > 「設定」 > 「コントロールパネル」 > 「CVS for NT」をクリックして起動。

CVSNTのサービス停止

上記の赤丸部分「Stop」をクリックして「CVSNT Service」を停止します。
上記の青丸部分のステータスが「Stopped」となっていることを確認してください。
この状態になるとCVS(CVSNT)が停止した状態になります。

CVSNTのリポジトリ追加画面

上記の青丸部分「Repository configuration」タブをクリックして画面を変更後に
上記の赤丸部分「Add」をクリックしてCVSにリポジトリを追加します。

CVSNTのリポジトリ指定画面

上記の青丸部分でCVSのリポジトリのディレクトリを指定し、赤丸部分「OK」をクリックします。


CVSのリポジトリの初期化をしますかと聞いてきているので「はい」をクリックします。
上記で停止した「CVSNT Service」を起動(「Startボタン」)させればリポジトリ作成は完了です。

CVSのユーザ作成

上記でリポジトリのディレクトリ作成した配下に「CVSROOT」ディレクトリができています。 その配下にファイル「passwd」(拡張子無し)を配置します。
※このサンプルだと「C:\www\cvs\repositor\CVSROOT」配下に作成したことになります。

C:\www\cvs\cvsnt>cvs -d c:\www\cvs\repository passwd -r Administrator -a user01
Adding user user01
New Password: [作成するユーザ(user01)のパスワードを入力]
Verify Password: [作成するユーザ(user01)のパスワードを入力]

上記のコマンドはユーザ(user01)を作成して、パスワード情報を「passwd」に書き込んでいます。
CVSのコマンドオプションの説明は下記を参照してください。
※上記のコマンドはcvsコマンドにパスが通っていることが前提となります。

オプション概要
-d [ディレクトリ] 上記でリポジトリに指定したディレクトリを指定します。
サンプルでは「c:\www\cvs\repository」となります。
-r [Windowsユーザ] Windowsユーザを指定します。
サンプルでは「Administrator」を指定しています。
-a [作成するユーザ] CVSユーザとして登録しようとしているユーザを指します。
サンプルでは「user01」を指定しています。

これでCVS(CVSNT)サーバの基本的な設定は完了です。

関連書籍

CVSに関連する書籍をいくつか紹介します。