Apache-Tomcat連携(mok_jk)
開発メモ.COM
Java
Eclipse Eclipse
Eclipseプラグイン Eclipseプラグイン(Plugin)
Struts Struts
JUnit関連 テスト関連

データベース
MYSQL MYSQL
PostgreSQL PostgreSQL

サーバ環境関連
レンタルサーバ レンタルサーバ
Apache、PHP Apache
 
Apacheのインストール  Apacheインストール
PHPのインストール  PHPインストール
Apache-Tomcat連携(mod_jk)  Apache-Tomcat連携
Tomcat Tomcat
JBOSS JBOSS
CVS CVS

その他
開発メモの利用において 本サイトご利用において
開発メモのサイトマップ サイトマップ
開発メモの問合せ 問い合わせ

TOP > Apache > Apache-Tomcat連携(mok_jk)

Apache-Tomcat連携(mok_jk)

Windows環境におけるApache-Tomcatの連携方法(mod_jk)について説明します。
Apache-Tomcatの連携方法前提条件 前提条件:Apache、Tomcatがインストール済であること。
Apacheインストール方法Tomcatインストール方法をそれぞれ参照


mod_jkのダウンロード

mod_jkとはApacheとTomcatを連携することができるコネクタです。
mod_jk2も存在しますが開発停止となったため、mod_jkを使用してApache-Tomcatの連携を行います。
現在、PHPの最新(2006/07現在)は「mod_jk-apache-2.0.58.so」であるがApacheインストール
使用しているVersionが2.0.55のため、今回は「mod_jk-apache-2.0.55.so」をダウンロードします。 mod_jkのダウンロードサイトにアクセスします。

mod_jkダウンロードサイト

上記の赤丸部分「binaries」をクリック後に「win32」→「jk-1.2.15」→「mod_jk-apache-2.0.55.so 」
をクリックしてmod_jk(Apache2.0.55用)をダウンロードします。

mod_jkのインストール

ダウンロードした「mod_jk-apache-2.0.55.so」をApacheインストールディレクトリ/modules配下に
名称を「mod_jk.so」に変更してコピーします。(必ずしも変更する必要はないです)
以上でmod_jkのインストールは完了で下記の設定に入ります。

httpd.confの設定

httpd.confに先ほどダウンロードしたmod_jkを呼び込まる設定を追加します。
下記の内容はhttpd.confの最終行(でなくてもOK)に追加してください。

# mod_jkのロード
LoadModule jk_module modules/mod_jk.so
# mod_jkの設定ファイルを指定
<IfModule mod_jk.c>
  Include conf/mod_jk.conf
</IfModule>

mod_jk.confの設定

mod_jk.conf(新規作成する)は先ほどダウンロードしたmod_jkの設定を記述します。
上記のhttpd.confで設定ファイルの場所を指定していますので正しい場所に配置して下さい。
設定内容については一覧を参照してください。

JkWorkersFile C:/tomcat/conf/workers.properties
JkLogFile C:/tomcat/logs/mod_jk.log
JkLogLevel info
JkLogStampFormat "[%a %b %d %H:%M:%S %Y] "
JkOptions +ForwardKeySize +ForwardURICompat -ForwardDirectories
JkRequestLogFormat "%w %V %T"
JkMount /examples/servlet/* ajp13
JkMount /examples/*.jsp ajp13

mod_jk.conf設定
JkWorkersFile workers.propertiesの場所を設定します。
JkLogFile mod_jkのログファイルの場所を指定します。
JkLogLevel mod_jkのログファイルに出力するレベルを指定します。
JkLogStampFormat mod_jkのログファイルに出力するフォーマットを指定します。
JkOptions SSL KEY SIZE を送ることを指定します。
JkRequestLogFormat リクエストログの書式を指定します。
JkMount TomcatにURLを割り当てます。

workers.propertiesの設定

workers.properties(新規作成する)はTomcat側のmod_jk設定を記述します。
上記のmod_jk.confで設定ファイルの場所を指定していますので正しい場所に配置して下さい。
設定内容については一覧(赤文字の部分は任意の名称を指定できます)を参照してください。

workers.tomcat_home=C:/Tomcat
workers.java_home=C:/j2sdk1.4.2_12
ps=\

worker.list=ajp13

worker.ajp13.port=8009
worker.ajp13.host=localhost
worker.ajp13.type=ajp13
worker.ajp13.cachesize=10

workers.properties設定
workers.tomcat_home Tomcatのホームディレクトリを指定します。
workers.java_home JDKのホームディレクトリを指定します。
ps OSのファイルシステムのセパレータを指定します。
Windowsの場合は「\」、Unixの場合は「/」となります。
worker.list ワーカ名(名称は任意)のリストを指定します。
例ではajp13としています。
worker.ajp13.port ワーカがリクエスト(例ではajp13)を接続待ちしているポートを指定。
worker.ajp13.host ワーカがリクエスト(例ではajp13)を接続待ちしているホストを指定。
worker.ajp13.type ワーカのプロトコルを指定します。
サンプルはajpv13プロトコルを使用しています。
worker.ajp13.cachesize ワーカがオープンしておくソケット接続数を指定します。
未指定の場合、デフォルトは「1」となります。

Apache-tomcat連携(mod_jk)の動作確認

Tomcat、Apacheの順に起動し、http://localhost/examples/jsp/num/numguess.jsp
アクセス(ポート番号指定無し)して、下記の画面が表示されれば成功です。

Apache-Tomcat連携(mod_jk)の動作確認

関連書籍

Apacheに関連する書籍をいくつか紹介します。