WTP(Web Tools Platform)のインストールから設定まで(J2EE開発を容易にするプラグイン)
開発メモ.COM
Java
Eclipse Eclipse
Eclipseプラグイン Eclipseプラグイン(Plugin)
 
Eclipseプラグイン(JadClipse)  JadClipse
Eclipseプラグイン(Checkstyle)  Checkstyle
Eclipseプラグイン(PropertiesEditor)  PropertiesEditor
Eclipseプラグイン(TomcatPlugin)  TomcatPlugin
Eclipseプラグイン(djUnit)  djUnit
Eclipseプラグイン(WTP)  WTP
Struts Struts
JUnit関連 テスト関連

データベース
MYSQL MYSQL
PostgreSQL PostgreSQL

サーバ環境関連
レンタルサーバ レンタルサーバ
Apache、PHP Apache
Tomcat Tomcat
JBOSS JBOSS
CVS CVS

その他
開発メモの利用において 本サイトご利用において
開発メモのサイトマップ サイトマップ
開発メモの問合せ 問い合わせ

TOP > Eclipseプラグイン(Plugin) > WTP(Web Tools Platform)

WTP(Web Tools Platform)のインストールから設定まで(J2EE開発を容易にするプラグイン)

Web/J2EEの開発における標準開発ツールとして利用できる、
WTP(Web Tools Platform)プラグインのインストールを説明します。
WTPのインストール方法として、Eclipse機能のソフトウェア更新又はEclipse本体を含む
WTPのインストールがありますが、今回はEclipse本体を含むインストールを説明します。
前提条件:JRE又はJDKがインストールされていること(Versionは1.4以上)。
※JDKインストールがまだの場合はJDKインストール手順を参照


WTP(Web Tools Platform)プラグインのダウンロード

現在、WTP(Web Tools Platform)の最新(2007/07現在)はVersion2.0ですがEclipse3.3の
日本語化パックがリリースされていないのでEclipse3.2対応のVersion1.5.4をダウンロードします。
まずはWTP(Web Tools Platform)のダウンロードサイトにアクセスします。

WTP(Web Tools Platform)ダウンロードサイト

上記、赤丸部分「Download」をクリックします。

WTP(Web Tools Platform)ダウンロードサイト

上記、赤丸部分「1.5.4」をクリックします

WTP(Web Tools Platform)ダウンロードサイト

上記、赤丸部分「wtp-all-in-one-sdk-R-1.5.4-win32.zip」をクリックします

WTP(Web Tools Platform)ダウンロードサイト

上記、赤丸部分(それ以外のサイトでも問題なし)をクリックし、
「wtp-all-in-one-sdk-R-1.5.4-win32.zip」のダウンロードを開始します。

Eclipse日本語化のダウンロード

WTP(Web Tools Platform)の1.5.4に対応する日本語化パッケージをダウンロードします。
まずはEclipse日本語化パッケージのダウンロードサイトにアクセスします。

WTP(Web Tools Platform)ダウンロードサイト

上記、赤丸部分「3.2.1 Language Packs」をクリックします。

WTP(Web Tools Platform)ダウンロードサイト

上記、赤丸部分「NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip」をクリックします。

WTP(Web Tools Platform)ダウンロードサイト

上記、赤丸部分(それ以外のサイトでも問題なし)をクリックし、
「NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip」のダウンロードを開始します。

WTP(Web Tools Platform)プラグインのインストール

ダウンロードした「wtp-all-in-one-sdk-R-1.5.4-win32.zip」を任意のディレクトリへ解凍後に
Eclipseがインストールされているフォルダ内の「eclipse」フォルダへ
日本語化パック「NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip」を解凍します。 これでWTP(Web Tools Platform)のインストールは完了です。

Eclipse(WTP)の起動

WTP(Web Tools Platform)の起動

解凍したeclipseフォルダにある「eclipse.exe」をダブルクリックすると上記画面が表示されます。
青丸部分「参照」をクリックし、ワークスペース(プロジェクトの場所)を指定し、
赤丸部分「OK」をクリックして起動します。
※このとき上記のように日本語で表示されていれば日本語化は成功しています。

WTP(Web Tools Platform)の起動

上記画面が表示されればインストール、起動に成功しています。

関連書籍

Eclipseプラグインに関連する書籍をいくつか紹介します。