JDK1.5(Tiger)のダウンロード、インストール
開発メモ.COM
Java
Eclipse Eclipse
 
JDKのインストール  JDKインストール
Eclipseのインストール  Eclipseインストール
Eclipseのコードテンプレート  コードテンプレート
Eclipseのプロジェクト作成  プロジェクトの作成
EclipseのCVS連携  CVS連携
Eclipseプラグイン Eclipseプラグイン(Plugin)
Struts Struts
JUnit関連 テスト関連

データベース
MYSQL MYSQL
PostgreSQL PostgreSQL

サーバ環境関連
レンタルサーバ レンタルサーバ
Apache、PHP Apache
Tomcat Tomcat
JBOSS JBOSS
CVS CVS

その他
開発メモの利用において 本サイトご利用において
開発メモのサイトマップ サイトマップ
開発メモの問合せ 問い合わせ

TOP > Eclipse > JDKインストール

JDK1.5(Tiger)のダウンロード、インストール

Eclipseを使用するためにはJDKのインストールが必要になります。
Windows環境にJDK1.5(Tiger)のダウンロード、インストールを行なう手順を説明します。
JDK1.4インストール ※JDK1.4インストールはJDK1.4インストール手順を参照


JDKのダウンロード

現在、JDK1.5系(Tiger)最新(2006/11現在)の1.5.0_09をダウンロードします。
JDKのダウンロードはSunのJDKダウンロードサイトにアクセスしてダウンロードを行ないます。

JDK1.5(Tiger)ダウンロードサイトのトップ画面

上記の赤丸部分「ダウンロード」をクリックします。

JDK1.5(Tiger)ダウンロードサイトの同意画面

上記の赤丸部分「Accept」(ラジオボタン)をチェックします。
そうすると画面が下記ダウンロード画面に切り替わります。

JDK1.5(Tiger)ダウンロードサイトの種類選択画面

上記の赤丸部分「Windows Offline Installation, Multi-language」をクリックし
「jdk-1_5_0_09-windows-i586-p.exe」(オフライン用)を選択します。
選択すると上記のダイアログが表示されるので保存をクリックするとダウンロードを開始します。

JDK1.5(Tiger)のインストール

ダウンロードした「jdk-1_5_0_09-windows-i586-p.exe」をダブルクリックします。
そうすると下記画面が表示されます。

JDK1.5(Tiger)インストールの同意画面

上記の赤丸部分の「同意」(ラジオボタン)をチェックし、青丸部分「次へ」をクリックします。

JDK1.5(Tiger)インストールの種類選択画面

インストールする場所を変更するときは青丸部分の「変更」をクリックします。
今回はデフォルトを変更して「C:\jdk1.5.0_09」へインストールします。
インストール場所が決まりましたら上記の赤丸部分の「次へ」をクリックします。

JRE1.5(Tiger)インストールのカスタム画面

JREをインストールする場所を変更するときは青丸部分の「変更」をクリックします。
今回はデフォルトへインストールします。
インストール場所が決まりましたら上記の赤丸部分の「次へ」をクリックします。

JDK1.5(Tiger)インストールの開始画面

上記の赤丸部分の「次へ」をクリックするとインストールを開始します。

JDK1.5(Tiger)インストールの完了画面

上記の赤丸部分の「完了」をクリックしたらインストールの完了です。

環境変数の設定

JDKのホームを表す環境変数「JAVA_HOME」、JDKへのパスを表す環境変数「Path」を設定します。
設定内容は下記の通りです。※「JAVA_HOME」はTomcatを使用するときに必要となります。
これでJDKのインストールは完了です。

環境設定
JAVA_HOME 新規 C:\jdk1.5.0_09(インストールした場所)
Path 追加 %JAVA_HOME%\bin

関連書籍

Javaに関連する書籍をいくつか紹介します。