EclipseでCVS連携
開発メモ.COM
Java
Eclipse Eclipse
 
JDKのインストール  JDKインストール
Eclipseのインストール  Eclipseインストール
Eclipseのコードテンプレート  コードテンプレート
Eclipseのプロジェクト作成  プロジェクトの作成
EclipseのCVS連携  CVS連携
Eclipseプラグイン Eclipseプラグイン(Plugin)
Struts Struts
JUnit関連 テスト関連

データベース
MYSQL MYSQL
PostgreSQL PostgreSQL

サーバ環境関連
レンタルサーバ レンタルサーバ
Apache、PHP Apache
Tomcat Tomcat
JBOSS JBOSS
CVS CVS

その他
開発メモの利用において 本サイトご利用において
開発メモのサイトマップ サイトマップ
開発メモの問合せ 問い合わせ

TOP > Eclipse > CVS連携

EclipseでCVS連携

チーム単位で開発するときにはチーム内でソースを共有する必要があります。
EclipseをCVSクライアントとしてCVSと連携する手順を説明します。
EclipseでCVS連携の前提条件 前提条件:Eclipseで連携するCVSサーバが存在すること。
※CVSインストールがまだの場合はCVSインストール手順を参照


EclipseからCVSサーバへ接続

EclipseからCVSサーバへ接続開始前画面

上記赤丸部分のアイコンをクリック後に「その他」を選択します。

Eclipseのパースペクティブ選択画面

上記青丸部分「CVSリポジトリ・エクスプローラー」を選択肢、赤丸部分「OK」をクリックします。

CVSリポジトリ・エクスプローラー画面

上記のCVSリポジトリ・エクスプローラー画面が表示されたと思います。
初期時は赤丸部分に接続しているリポジトリが存在していない状態です。
赤丸部分で「右クリック」→「新規」→「リポジトリ・ロケーション」を選択します。

CVSリポジトリ情報を設定する画面

上記画面はCVSサーバに接続するためのCVSリポジトリ情報を設定する画面です。
青丸部分にチェックを入れると2回目以降の接続のためにパスワードを保持します。
接続情報を入力後に赤丸部分「終了」をクリックします。

EclipseからCVSサーバへ接続完了画面

上記赤丸部分のようになれば、EclipseからCVSサーバ(リポジトリ)に接続が完了しました。

EclipseからCVSサーバへプロジェクト登録

CVSサーバへプロジェクト登録の前提条件 前提条件:CVSサーバへ登録するプロジェクトが作成済であること。
※プロジェクト作成がまだの場合はプロジェクト作成手順を参照

EclipseのCVSへプロジェクト追加開始画面

上記のように「Java」パースペクティブ画面を表示します。
「パッケージ・エクスプローラ」からCVSに登録したいプロジェクトを指定します。
赤丸部分を「右クリック」→「チーム」→「プロジェクトの共有」を選択します。

EclipseのCVSリポジトリ選択画面

上記画面で青丸部分「プロジェクトを登録するリポジトリ」を選択後に「次へ」をクリックします。

EclipseのCVS登録名称変更画面

上記画面ではCVS内での名称を変更できます。
特に問題ない場合は青丸部分のEclipseのプロジェクト名を選択して、「次へ」をクリックします。

EclipseのCVS共用選択画面

上記画面ではCVSへ登録する一覧が表示されます。デフォルトではプロジェクト全体が表示
されますので必要ないリストは一覧から指定して「右クリック」→「ビューから除去」で削除できます。
登録する内容が確定したら赤丸部分「終了」をクリックします。

EclipseのCVSへプロジェクト追加画面

最後にCVSサーバへ登録するときのコメントを記述後に赤丸部分「終了」をクリックすれば
EclipseからCVSサーバへプロジェクト登録は完了します。

CVSからEclipseへチェックアウト

CVSリポジトリー・エクスポローラ画面

まずは「CVSリポジトリー・エクスポローラ」画面を表示します。
上記画面の「リポジトリ」を→「HEAD」→フォルダ(赤丸部分)(チェックアウトしたい部分)を
選択し、「右クリック」→「チェックアウト」を選択します。以上でEclipse上でCVS連携は完了です。

関連書籍

Eclipseに関連する書籍をいくつか紹介します。